速報・第25回全国箏曲コンクールの入賞者決まる。

                 速報・第25回全国箏曲コンクールの入賞者
 日頃より箏曲祭へのご支援に感謝申し上げます。平成30年12月2日(日)福岡県久留米市の石橋文化ホールにおいて行われた第25回賢順記念全国箏曲コンクールにおいて、予選審査を経て、本選に挑まれた新進気鋭の箏曲演奏家25名により、真剣な演奏が行われましたが、審査員5名による審議の結果、次のとおり今年度の入賞者が決まりました。
                                    平成30年12月3日
                                   一般社団法人賢順記念全国箏曲祭振興会

                 第25回全国箏曲コンクールの入賞者

       賞       演奏曲名         氏  名         住  所
      賢順賞   桜狩          山下 綾子(やました あやこ) 千葉県千葉市
      銀 賞   箏譚詩集 第一集    森 梓紗 (もり あずさ)   東京都小平市
      銅 賞   火垂る‐Ⅱ‐箏独奏の為に 光原 大樹(みつはら ひろき)   広島県広島市
      奨励賞   情景三章       今野 玲央(こんの れお)    神奈川県横浜市
      奨励賞   箏によせる変奏曲   谷富 愛美(たにとみ まなみ)  東京都中野区
      奨励賞   PRIZM      上田 涼花(うえだ すずか)   三重県四日市市
      岸邉成雄賞 中空砧        花岡 桜 (はなおか さくら)  福岡県福岡市

 賢順賞の受賞者は、「桜狩」を演奏された千葉市の山田流演奏家山下綾子さんで初めての挑戦でした。「権威のあるコンクールに挑戦させて頂くことで、今後の自分の成長につなげたいと思います」との思いで演奏され、見事に最高賞の賢順賞を射止められました。受賞後のコメントで「今回のコンクールでは、唯一の山田流という事で心細かったのですが、光栄な賞をいただきまして、とても誇らしい気持ちになりました。賞に恥じぬよう精進していきたいと思います。」と述べられていました。

 銀賞の受賞者は、箏譚詩集第一集を演奏された東京都小平市の学生・森梓紗さんでした。初めての挑戦でしたが「日々、音色の研究に努めております。今の自分にできる最高の音楽を演奏できるよう12月までにさらに精進してまいります。」との決意で演奏され、見事に銀賞を受賞されました。

 銅賞の受賞者は、「火垂る‐Ⅱ‐箏独奏の為に」を演奏された広島市の光原大樹さんは、「今年も一生懸命がんばります」との思いで演奏され、昨年に続く銅賞を受賞されました。

 奨励賞の受賞者で、三重県四日市市の上田涼花さんは、中学生で今回コンクールの最年少の演奏者でした。
「1年間の猛練習」の結果、2度目の挑戦でしたが、本選での演奏は初めてで、見事に奨励賞を受賞されました。

 いずれの出場者の演奏も素晴らしく、会場のみなさんは、とても魅了されていました。また、その後、行われた特別演奏会では、福岡県立小郡高校箏部、久留米三曲協会、山田流の伊藤松超さん、伊藤ちひろさん、生田流の友渕のりえさんの演奏が披露されて、聴衆のみなさんは、この素晴らしい演奏に魅了され感動に包まれていました。