本文へスキップ

愛康内科医院(あいこう)

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.0942-21-5556

〒830-0051 福岡県久留米市南1-27-28

抗体検査

◆『麻疹、風疹、流行性耳下腺炎、水痘(4種類全て同時に行います)』
・・・¥8,000(税別)

◆B型肝炎検査(自費診療)・・・お値段はお問い合わせ下さい。
(※久留米市民で、初めての方は無料)

※予約は不要です。

◆結核の抗体検査(ツベルクリン反応)は行っておりません。


<関連項目>
★健康診断のお値段など★

<アレルギーに関してその他>
・アレルギーに関連する主な細胞:リンパ球、抗原提示細胞、マスト細胞、好酸球など
・アレルギーに関連する主なタンパク質や化学物質:ヒスタミン、IgE抗体、インターロイキン、ロイコトリエン
・皮膚、粘膜によって体外から体内に物質が入らないようにする仕組みをバリア機能と呼びます。
・バリア機能に問題が起きた場合、ダニ、花粉、ほこりなどが体内に入ったりします。
・体内に入った、ダニ、花粉、埃などは、抗原と呼ばれます。特に、この抗原でアレルギーの原因となるものを「アレルゲン」と言います。
・抗原やアレルゲンが体内に入ると、皮膚、粘膜の近くにある抗原提示細胞がそれらに反応して、異物と認識します。
・抗原提示細胞からはリンパ球にそのアレルゲンや抗原の情報が伝えられます。
・その情報とは、抗原の種類やどういう状況のものかなどのものです。
・ウイルスや細菌には、形質細胞が、IgG抗体やIgM抗体を作り、体内に入ってきたウイルスや細菌を排除します。一般的にはこれが免疫反応と言います。アレルゲンに対しては、リンパ球がダイレクトに反応するようになったり、形質細胞がIgE抗体を作ったりします。
・作られたIgE抗体は、血液により、皮膚や粘膜の所のマスト細胞にくっつきます。

愛康内科医院愛康内科医院
(あいこう)

〒830-0051
福岡県久留米市南1-27-28
TEL 0942-21-5556
FAX 0942-21-5690
★メールでの問い合わせ★

★子供の夜間救急★