本文へスキップ

プラセンタの愛康内科医院

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.0942-21-5556

〒830-0051 福岡県久留米市南1-27-28

プラセンタ注射

★★★
当院は、お薬を使わない治療などを行っているため、こちらの治療を強く推奨している訳では御座いません。しかし、外来の患者様からの要望がある為、こちらの治療も行っております。



◆費用◆

・1アンプル・・・1,080円(税込)
・2アンプル・・・1,836円(税込)
・3アンプル・・・2,592円(税込)
※にんにく注射は、間もなく実施します。

 ◆ニンニク注射・ビタミン注射について◆
 ※『にんにく注射』と『プラセンタ注射』を一緒に配合する事も可能です。
(例)「プラセンタ・1アンプル」+「にんにく注射」:2,160円(税込)
「プラセンタ・2アンプル」+「にんにく注射」:2,916円(税込)
「プラセンタ・3アンプル」+「にんにく注射」:3,672円(税込)



◆飲むプラセンタの価格◆
※カプセル型プラセンタより注射によるプラセンタの方が効果を実感出来ますので関心のある方はご相談下さい。
@プラセンタカプセル
JBPポーサイン100(ブタ由来)
・1粒重量430r(1粒内容量350r)×100粒
\12,000円(税込み) 
  Aプラセンタカプセル
メルスモン カプセル(ブタ由来)
・120カプセル
¥16,200(税込み)
  B飲むプラセンタ
BON PLACENTA(ボン プラセンタ)(ブタ由来)
¥15,120(税込み)


◆どれ位の時間かかるか?◆
プラセンタ注射の場合、診察と注射でトータル15分程度です。診察までの待ち時間も5〜10分程度の事が多いです。


◆推奨頻度◆
最初の1ヵ月は週に2回、2ヵ月目以降は週に1回の頻度


◆プラセンタの海外からの個人輸入について◆



◆プラセンタカプセルの感想◆
当院の知人にプラセンタカプセルを試して頂きました!
→★こちら★←


<参考書籍>
  


◆以下も宜しければご一読下さい。



Q:タバコを吸う事について院長はどう思いますか?
A:患者様自身で喫煙をするかしないかを決めて頂きたいですが、個人的には禁煙を推奨します。 タバコを吸う事の体への害について今回は美容の観点から少し説明させて頂きます。当院は健康のためにビタミンCの摂取を重要視しています(柿茶での飲用など)。ビタミンCはどの様な働きをするかと言いますと大まかに、次の3点の様な働きをします。@抗酸化物質として働く。Aモノフェノールモノオキシゲナーゼ(チロシナーゼ)の働きを鈍くしてメラニンの生成を減らしたりする。Bコラーゲンが生成する事を助ける。タバコを吸うと、体内に入った活性酸素を取り除く為にビタミンCが大量に消費されます(@の作用)。すると、体内のビタミンCの量が減り、A、Bの作用が弱くなります。Aの作用が悪くなる事は『シミが多くなる』と同義です。Bの作用が悪くなると、『お顔がたるむ』事を意味します。
【※参考:シミが多くなると美容外科ではレーザーで治療を行い、治療費用は、1cm×1cmで15,000円程度だと言われていいます。】
【※参考:美容外科では、お顔のたるみの治療に対して(フル)フェイスリフトなどを行います。こちらは、リガメント法ですと、200万円程度と言われています。】
※要約しますと、院長は、喫煙を個人的には推奨しない。喫煙すると、美容的には、シミが多くなったり、肌がたるみ、これを美容外科で治すと色々と費用が掛かる。
※美容外科では、術前術後は、禁煙する様に指導されます!!
◆シミとビタミンCの関係◆


<飲むタイプのプラセンタ>
●JBPポーサイン100(ブタ由来)
医療用医薬品と同じ抽出技術をブタプラセンタに応用。
添加物を一切含まない、純粋なプラセンタエキス。
※セルロースカプセル(植物性)を使用
・1粒重量430r(1粒内容量350r)×100粒
\12,000円(税込み)




●メルスモン カプセル(ブタ由来)
・120カプセル
¥16,200(税込み)


多種のアミノ酸、ビタミン、ミネラル等を豊富に含む、安全性の高い健康なブタ由来プラセンタを原料としています。
さらにビタミンCとフランス海岸松樹皮エキスを配合
松樹皮について→松樹皮は、プロアントシアニジンというポリフェノールの一種で、『強い抗酸化力』を持っています。効果は、肌の張りや弾力を生み出し老化防止にも効果があると言われています。一般的に酸化により、『シミ』『シワなど肌の老化』が進行します。また、『ガン』や『動脈硬化』などの病気が引き起こされると言われています。



●BON PLACENTA(ボン プラセンタ)(ブタ由来)
¥15,120(税込み)
こちらは、1本10mLにプラセンタエキス純末(ブタ由来)360mgを配合したドリンクです。【こちらの商品は、医療機関からしか購入出来ません。】




<体内への注入方法について>
●プラセンタを注射を使って体内に入れる方法3つほどあります。
・効果が出る時間は以下の通りです。
(早い)静脈注射>筋肉注射>皮下注射(遅い)

・効果が持続する時間
(長い)皮下注射>筋肉注射>静脈注射(短い)

・プラセンタは、メルスモンの場合は「皮下注射」
ラエンネックは、「皮下注射」または「筋肉内に注射」となっています。
静脈には注射しないように文献には記載があります。
当医院は、メルスモンを使用しますので、「皮下注射」を行います。


<メルスモン(プラセンタ)について>
メルスモン(プラセンタ)の最大の特徴は、「自然治癒力」の増大です。体の不調を慢性化させない自然薬として注目されています。

メルスモン(プラセンタ)は、「組織療法」製剤の一つで、更年期障害、乳汁分泌不全の治療薬として1956年から製造販売されている薬剤です。国内の、感染のないヒト胎盤を原料とし、多種のアミノ酸を含有しています。ホルモンは含有しておりません。感染症に対する安全対策を講じていますが、未知のウィルス等の危険を完全に排除することは困難です。これまで、細菌やウィルス等による感染の報告はありません。


<プラセンタの薬理作用>
●自律神経を調節(自律神経調整作用)
●ホルモン(内分泌)を調整(内分泌調整作用)
●病気に対する抵抗力を高める(免疫賦活作用)
●基礎代謝を盛んにし、細胞や器官、臓器の働きを活性化(基礎代謝向上作用)
●活性酵素を除去し、酸化を防ぐ(活性酵素除去作用)
●炎症を抑える(抗炎症作用)
●壊れた組織の修復を促進(創傷回復促進作用)
●精神を安定(精神安定作用)
●肝臓の働きを強化(強肝・解毒作用)
●妊婦の乳汁分泌を促す(妊婦の乳汁分泌促進作用)
●アレルギーを抑える(抗アレルギー作用)
●体質の改善を促す(体質改善作用)
●血液循環をよくする(血行促進作用9
●血液の生成を促す(造血作用)
●突然変異を抑える(抗突然変異作用)
●血圧を調節する(血圧調整作用)
●疲労の回復を促す(疲労回復作用)
●食欲を促す(食欲増進作用)


<その他でプラセンタが効く症状>
●婦人科:更年期障害、月経痛、月経不順、乳汁分泌不全、高プロラクテン血症など
●内科系:肝炎、肝硬変症、慢性膵炎、糖尿病、慢性胃炎、胃弱、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、潰瘍性大腸炎、気管支喘息、慢性気管支炎、高血圧、低血圧、習慣性便秘、膠原病など
●外科系:慢性関節リウマチ、変形性関節症、関節炎、神経痛、腰痛、五十肩など
●皮膚科:アトピー性皮膚炎、乾癬、わきが、湿疹、あかぎれ、シミ、ソバカスなど
●精神科:自律神経失調症、不眠症など
●泌尿器科:前立腺肥大、膀胱炎、痔など
●眼科:白内障、アレルギー性結膜炎、視力低下など
●耳鼻咽喉科:アレルギー性鼻炎、メニエール病、花粉症など
●歯科:歯槽膿漏、歯周病など
●その他:疲労、冷え性、虚弱体質、病中病後の体力回復、強壮、強精など


<臨床成績>
@更年期障害患者31名を対象に、メルスモン1回1管を1週間に3回、2週間継続して合計6回皮下投与したところ、有効率77.4%(24名/31名)を示しました。また、プラセボとの比較試験の結果、本剤の有用性が認められました。

A乳汁分泌不全
初産の褥婦(じょふ)67名を対象に、メルスモン1回1管を1日1回、産褥(さんじょく)第1日より5日間連続して皮下投与したところ、有効率68.6%(46名/67名)を示しました。

参考書や参考サイト
メルスモン製薬株式会社
女性の不調を解消するプラセンタ(胎盤)・パワー―プラセンタ治療を受けたい人のお役立ちガイド


<その他>
・海外通販を利用し、ヒトプラセンタのジェルとダーマローラーを購入されご使用の方もおられるようですが、肌に小さい穴が開いたままになってしまった方もおられるようなので、同様の効果をお望みの方は、美容外科へ行かれ、フラクショナルレーザーなどをされて下さい。医療機関で医師の診断のもと美容に取り組まれて下さい。
・海外製のプラセンタを個人輸入される方もおられる様ですが、一定以上輸入しますと関税がかかる様です。
・プラセンタカプセルの個人輸入に関して。安心安全の面で疑念の生じる方は、国内の医療機関からご購入下さい。
・プラセンタ注射は、ヒトの胎盤から精製された薬剤です。
・元々は、肝炎や更年期障害に対する治療のために用いられてきました。
・近年では、細胞の代謝を適正にするため、美肌などの効果があると言われています。美肌、美白に効果的です。
・代謝が促進されると、メラニン色素や色素沈着が薄くなります。また、抗酸化作用もあるため、シミが発生しにくくなります。
・フリーラジカルを除去する効果もあるとされています。
・人間は、年齢と共に基礎代謝が下がると言われています。その基礎代謝を高めてくれる効果もあります。
・心配性、イライラ、倦怠感などといった自律神経の症状でお悩みの方にも効果的だと言われています。
・当院でプラセンタ注射を行う際は、体調に合わせてアンプル数を決められて下さい。
・最近、便秘、下痢がない方も使われてみて下さい。
・1週間に1回プラセンタ注射を行うと、早く治療効果が実感出来ると言われています。
・抗酸化作用、抗炎症作用があると言われていますので、お身体全体の様々な悩みを改善すると言われています。
・注射した箇所に、痛み、腫れなどが出た場合、1日から2日程度で一般的にはおさまります。気になる場合はご相談下さい。
・メルスモンは、昭和31年(1956年)に販売開始され、ラエンネックは昭和49年(1974年)発売開始です。
・プラセンタ注射(メルスモン、ラエンネック)は、発売以来、HIV、C型肝炎、B型肝炎、クロイツフェルト・ヤコブ病(vCJD)の感染の報告はありません。

プラセンタの愛康内科医院プラセンタの愛康内科医院
(あいこう)

上津バイパス『はま寿司』横
〒830-0051
福岡県久留米市南1-27-28
TEL 0942-21-5556
FAX 0942-21-5690
★メールでの問い合わせ★


頻繁に更新中!!