フォームメールについて

必要な項目を設定したHTMLを作成する事で、入力された内容をメールで受け取る事ができます。

メールの送信先はホームページをご契約のアカウントになります。
ご契約のホームページ以外からはご利用できません。

※設定方法などについてのお問い合わせにはお答えできません。
フォームの作成方法が分からない場合や、以下の設定方法が分からない場合は利用しないで下さい。

アクション(action)に指定されるURL
SJIS版: https://phone.ktarn.or.jp/cgi-bin/form_mail.cgi
UTF8版: https://phone.ktarn.or.jp/cgi-bin/form_mail_u.cgi


メッソッド(method)はPOSTを指定して下さい。
指定されない場合や、GETを指定した場合は正しく動作しません。

SSLに対応しておりますが、SSLにされたくない場合は
アクションのhttpsをhttpに直してご利用下さい。
※SSLが有効なのはユーザからHPサーバまでです。
HPサーバからメールサーバ、メールサーバから受信者までは暗号化されません。

フォームを設置するHTMLは各漢字コード(エンコード)で作成して下さい。
(SJIS版はSJISで、UTF8版はUTF8で作成して下さい)

エンコードが違うと文字化けします。
送信者が半角カナや機種依存文字を入力して送信された場合は、文字化けする可能性があります。
こちらで試した限りでは半角カナや主な機種依存文字(丸付き数字など)では文字化けは発生しませんでした。
(文字化けしない事を保証するものではありませんのでご注意下さい)
SJIS版では旧漢字(崎の大が立になっている漢字)などで文字化けしました。
UTF8版はUTF8でメールを送信しますので、
UTF8に対応していないメールソフトでは読めませんのでご注意下さい。

テスト環境はWindows7で送信はIE8、受信はWindowLiveメールです。

特殊な機能のある項目名
通常は隠し項目に指定してご利用下さい。
項目名 処理内容
title 送信されるメールの件名
subject 送信されるメールの件名
titleを指定されている場合はtitleが優先されます。
return-url 送信後に戻るURL
www2.ktarn.or.jp以外のURLは無効になります。
kakunin 値に0を指定すると、確認画面を表示させなくする事が出来ます。
hissu 必須入力にされたい項目名をカンマ区切りで指定して下さい。
zenkaku 全角文字を含まない場合にエラーを出したい項目名をカンマ区切りで指定して下さい。
mail 送信者のメールアドレスに指定できます。
browser 値に1を指定すると、送信者のブラウザ情報が送信されます。
addr 値に1を指定すると、送信者のIPアドレスが送信されます。
telick 電話番号かどうかをチェックされたい項目名をカンマ区切りで指定して下さい。
6〜15文字で数字またはハイフンで区切られた数字以外はエラーになります。
全角で入力された場合は半角に変換されます。
numlick 数字かどうかをチェックされたい項目名をカンマ区切りで指定して下さい。
数字、小数点、カンマ、マイナス以外の文字が入るとエラーになります。
全角で入力された場合は半角に変換されます。

※最低限、titleとreutn-urlを指定される事をおすすめします。
※return-urlを指定されない場合は送信後、入力フォームに戻ります。
※宛先を参照元のURLから取得しますので、
携帯電話や、セキュリティソフトなどで参照元(Referer)の送信を制限しているユーザからは送信できません。


サンプルフォーム
名前 :
電話番号 :
内容 :


ホームページサービスへ戻る